長野くんと1129の日 ベスア2016振り返りを兼ねて


いきなりどストレートに書くけど、
1年前の今日、長野くんからご結婚の報告があった。
あの時まだ長野くん気になり始めの頃だったんだけど、
その夜のベストアーティストは
なんだかもう頭がおかしくなってしまって
どういう気持ちで見ていたのかあまり覚えてない。
とりあえず自分が結婚決まったのかくらいの勢いで
頭の中お花畑で胸がいっぱいだった、多分。

Feel your breezeの歌い出しに
笑顔で長野くんを見る坂本くんと井ノ原くん、
ラストで端っこの長野くんを引っ張り込む井ノ原くんと、
キョロキョロした後長野くんにそっと肩を寄せる剛くん、
やたら誇らしげにニコニコしてる准ちゃん。
ただの幸せの風景である。

長野くんの一生に一度のおめでたい日に、
たくさんの人の祝福のなか6人で歌うBeautiful World。
「ほら今君となら世界はこんなに美しい」。
幸せすぎか。今でもまったく言葉にならない。

なんだか坂本くんはずっと声がうわずってる感じだし、
胴上げ後は蹴られたのか?なぜか痛がってるし(笑)
Beautiful Worldの間奏、円になっていくところで
ニコッと笑い合う長野くんと井ノ原くん、
いつもだけどサビでがっちり長野くんを掴む准ちゃん、
言葉は少ないけど長野くんを見つめてた剛くん、
「僕が長野くん狙ってたので残念です」と宣い
長野くんのお尻を叩いてファンを騒がせる、
ほんとさすがとしか言いようのない健くん。
もうとにかく胸がいっぱいだった。
お尻を叩かれた長野くんの反応まで見たかったけど。笑

わたしは当時健くん寄りALL担というか、
“V6”というものが好きなのであって、
今のように長野くん担を公言するほどではなかったから
ダメージは一切なかった。
むしろほんっっっっっっとうに嬉しくて嬉しくて、
よかった!おめでとう!の気持ちしかなくて。

これは自分でもよくわからないけど、
この日をきっかけに長野くんをやたら好きになり、
あー、やっぱV6いいな。
ずっと応援しよ、と思ったりした。

普段から一般人のようには自由にならないだろうし、
いろいろな制約やお仕事の関係などなどで
難しいことがありつつも、
それでもふたりでこれからをともに生きていきたいと
確信をもって選んだ道なんだろうなと勝手に思うのと、
同志みたいなTOKIOや、後輩にまで囲まれて
長野くんてほんとに愛されてるんだなと思ったり、
長野くんと同じかそれ以上に幸せそうなメンバーの姿に
こんなにも素敵な仲間たちに祝福応援されるんだから、
きっと幸せな結婚になるだろうなと思ったのでした。

だからあの時自分がすでに長野くん担であったとしても
そりゃまったくのノーダメージでいられるかは
さすがに少し自信がないけど(笑)、
素直に心からおふたりに
「おめでとう!幸せになってね!」と
思えてたんじゃないかなと思っております。わからんけど。
『明日の傘』と『一生で最後の恋』聴きながら書いてたら
なんか泣きそうになってきちゃった。笑

長野くん、美帆ちゃん、どうぞお幸せに!
これからも応援しています。