V6表彰式 最後は個人的ベスト○○2017


年末なので勝手に表彰式を行っています。
前回までで個人の部の表彰を終えました。

👑ミュージカルスター坂本くん
👑ロイヤル貴公子長野くん
👑おしゃべりふざけ虫井ノ原くん
👑ギャップ萌えの化身剛くん
👑あざとかわいい小悪魔健くん
👑ケツ揉み師範岡田くん

続きましてはさまざまな部門において
最も輝いていたと感じたアレコレの表彰を行います。
引き続き審査方法はわたしの独断と偏見によります。

👑ベストコンビ2017

坂本くん×井ノ原くん

FNSのYou'll Beが胸熱すぎた…!
先日のテレビ誌での添い寝写真もはげそうになったし
このふたりどんだけドキドキさせるんでしょう。
来年もよろしくお願いします。

👑ベストパフォーマンス2017

Get Naked・健くんのちゅー

ひとつには絞れなかった…

✨Get Naked

度肝を抜かれました。思考をもってかれた。
コンレポで異常な量を割きました(あれでもだいぶ削った)が
まだまだ語り尽くせない「ヤバさ」としか
いいようがないものがあります。
実はもうこの曲についての記事仕上げてんだけど
ちょっとなかなか公開のタイミングが…※公開しました

目のやり場に困るほどの刺激の強さで
記憶がぶっ飛んでしまったので
早くコンDVDで改めて確認したい、
しかしまた見るのも恐ろしい気持ちもある…
とにかく恐ろしいものでした。笑
このパフォーマンスのMVPはもちろん剛くん。
殺人的にエロかった。

✨健くんのちゅー

コンサートの定番、締めの投げちゅーにとどまらず、
ブロックごと投げちゅーという
新広範囲殺戮兵器を装備して
コンサートに臨んだ健くん。
そうして直接ファンを魅了するだけにとどまらず、
思えばメンバーとのちゅーも頻発しておりました。
まずCan't Get Enoughの特典で岡田くんにデコちゅーと
井ノ原くんとのキスを披露しており、
お誕生日の長野くんのほっぺとおでこにちゅー、
横アリラストでは楽屋での井ノ原くんとのキス写真を公開。
健くんのちゅーであふれた1年だったと
言ってしまってもよいのでは…?
もう健くんのキス魔!
もっとやって。笑

👍ノミネート

会って話を

これもほとんどよく見えなかった&記憶喪失だけど
TTTに繋がる世界観1に感動したし、
コートを使って1人2役を演じるという
あの演出がやたらとセクシーで、
とりあえずわたしは長野くんの手つきのエロさに
鼻血が流れる体感幻覚を抱きつつひたすらはげていました。
みなさまのコンレポ読んだら鼻血の体感止まらなかった。
こちらも一刻も早くコンDVDで確認したい部分です。

👑ベストソング2017

Change your destiny・COLORS

これもどっちが上かなんて
とてもじゃないけど決められません…

✨Change your destiny

現時点では記憶を頼りにしか出来ない儚さも相俟って
そもそも特別感が突出しています。
3人のハーモニーそのもの、曲自体の美しさにシビれた。
切なく泣けるようでもあり、勇気をもらえるようでもあり
「戸惑いの惑星」自体と同じように、
簡単には捉えきれないほどのとても壮大な
物語が織り込まれた曲だと思っています。
もうこの曲の音源化がどれだけ痛切な願いとして
ずっと胸にくすぶっていたことか。
夢叶っちゃったよ。
月日があっという間に経ってしまうのは困りますが、
この曲を手に入れたいがために
早く年明けろ早くバレンタインになれしか
最近は考えてない。

✨COLORS

一度聴いたときからすっかり虜になってしまい、
しばらくの間鬼リピしていた曲。
綺麗なメロディーがとにかく美しく、
どことなく力があり壮大。
「風の“惑星”」をモチーフにMVが撮られていたのも
個人時にアツいポイントです。

折しも「本当の自分」を考えていた頃にリリースされ、
聴いていると心に沁みて
つい泣いてしまうこともありました。
そういった個人的な思い入れが強すぎる分、
Can't Get Enoughや
The ONESの話題性やインパクトの強さに
ちょっと呑まれてしまっているように感じて
残念に思うこともありましたが、
ささやかだけど確かにキラリと存在してるふうなのも
この曲らしいなと思っています。

👍ノミネート

The One

コンレポでごちゃごちゃ余計なことを語りすぎたけど
それくらい大好きなんです。
歌詞の一部をブログタイトルに拝借したけれども
どのフレーズもV6のこれまでとこれからを感じさせ、
MVの仕上がりも
この曲のために撮られたカットはほぼないものの
美しく感動的なものになっていると思います。

ちなみに2017年以前の曲で
今年知ったもののなかでのベストソングは
長野くんのソロ桜色桜風。
好きすぎて一日聴ける。

以上で本年の表彰をすべて終わります。
お付き合いいただいたみなさま、
そしてV6のみなさま、
どうもありがとうございました。

次の記事で2017年の総括をして終わりたいと思います。