2019年総括。小休止と浮気と美意識強化のわたしの1年

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています


2019年のファン活を総括します。
ただの個人的な活動記録の羅列です。

昨年の全体的な活動の薄さを引きずって、年始から春にかけてのファン活はだいぶローテンションだった。

なんでかというと一番大きいのは昨年の『Crazy Rays/KEEP GOING』から『ある日願いが叶ったんだ/All For You』まで、カップリング含めてどれも自分の好みではないというモチベを維持するのには致命的な問題があったから。*1Super Powersはまあまあ好き。LADY, LADY, LADYはディナーショーで好きになった

『Super Powers/Right Now』の近年稀に見るクレイジー特典(笑)には爆発的に盛り上がったものの、歌番組とかではあまり気分が上がらなかった。
個人的な音楽の好みの問題であって、歌って踊ってわちゃわちゃのV6が大好きなことに変わりはないんだけど、大絶賛の周囲には勝手に温度差を感じてしまい、交流や活動への意欲は下がる一方だった。

そんな感じだったから昨年末から春にかけて、あまり行きたいと思えなかった健くんの『羅生門』と坂本くんのソロコンは
申し込みもしないという選択をして、剛くんの『空ばかり見ていた』と長野くんの『クイーンエリザベス』だけ行った。

お会いしたい気持ちはあったけど、そんなに気が進まないのにチケット確保するのは健くんと坂本くん他関係者の皆様、そして必ずいる行きたくても行けない方々に申し訳ないし、とても失礼だと思って。
その代わりJUMPの最推し裕翔くんの舞台行ったり秋の風間くんの舞台のチケット取ったりと、他の推しにわりと積極的に浮気した。

風向きが変わったのは5月半ば、『カノトイハナサガモノラ』の知らせが届いてから。
その直後にかなりの前方の席で『クイーンエリザベス』を観劇、数週間後のカノトイ当落で勝利を手にしてわたしの心はかなり活気を取り戻して来た。
調子こいて未所持だったカップリングや初回盤等をいくらか収集したくらいにはテンションが上がった。

『戸惑いの惑星』とはまた違った意味で不思議な世界の『カノトイハナサガモノラ』、笑って泣いてシビれて惚れて、やっぱりこの人たちが好きだなと胸を熱くした。
それぞれ胸キュンポイントが多々あったけど、長野くんにギュンギュンしながら井ノ原くんに目を奪われ続ける矛盾にとても苦しんだ。
ただの二股だしいつものことなんだけど😇
あとこれもいつものことながら坂本くんすまん。好きだよ。

当日券チャレンジに敗れたのはまあいいとして、「雑貨の類は買わない」ポリシーを曲げてでもいのちゃんまんは買えばよかったと未だに後悔してる(笑)
なんかで再販しないかな…ないよね…涙

秋になると『愛なんだ2019』で准ちゃんスゲーとか思いつつ、『FORTUNE』のFC枠を外してしまって少し落ち着きを取り戻すかに見えた。
と思ったらトニセンディナーショーなんていう誰も予想してなかったような一報に仰天。
お値段もキャパもなかなかで怯んだけど、なんとかわたしの席はご用意されてくださった。(日本語)

ここで終わらないのが長野くんのすごいとこで(?)、来年はWOWOWのドラマ出演、『Forever Plaid』再々演とか言い出すし、毎月のように仰天続きでもうなにがなんだか(笑)
フォエプラは2公演当たり、来年すでに長野くん充であることが決まってて生きることが楽しみでしかなくなっている。

ディナーショーが一大事過ぎてひとりで大騒ぎして爆買いに走った挙句、どさくさに紛れて厳選するはずの雑誌を全部買い、OMGコン初回盤も手に入れるなど欲望のままに行動したけど後悔はない。
ブログもやる気が出てちょこちょこ更新したし、しばらく忘れてしまっていたファン活を謳歌している気分を思い出せた。

DSに向けてやるべきこととして掲げておきながら絶望的な不器用さと圧倒的な練習不足によって自力でのヘアセットは諦めたし、自分史上最高の美でもなかった気がするけど、外見的な自分磨きはめっちゃ頑張った。
“女”を生きてるって感じがした。
トニセンがわたしを女にしてくれた。(言い方)
こんなに頑張ったの初めてかも、、、w
美意識が高まったことによって今年も人としてひとつマシになれたと思う。

今年は一部パスしつつもいろいろ行った感あるけど、現場オブザイヤーは文句なしでトニセンディナーショー
ほんとに軽く10万くらいの価値あったと思うし、夢だったのかなってくらいなにからなにまで半端なく、とにかく「みんな見てくれ」としか言いようがない。
マジ、一刻も早く円盤化してくださることを願っている。

それから夕ドロとのハイタッチによって手フェチかなんかに目覚めてしまったようで、6人全員の手がどうなのかを確かめるという夢が生まれ、後日の歌番組では夕ドロの手にばかり目が行くという異常事態が起きたりもした。
ひとまずカウコンは落ち着いてちゃんとお顔などを見たい。

まだ感覚残ってるしこの先も忘れることはないだろうから、わたしの右手は夕ドロの手になったということだな(ちょっと何言ってるかry)

最後の最後でジャニオタ収納に手を出して片づいたようで片づいてないのはまあ、2020年の課題として持ち越そう。

ということで来年の課題と目標は以下である。

  • 収集物を完全に片づける
  • お友達を増やす
  • お友達と交流を深める
  • まめにブログを書く
  • いい加減にONESコンの感想をまとめる

ぼっちもまあ自由で楽しくて大好きだけど、ファン活は仲間が多い方がより楽しいものだと思う。
DS行って初対面の方とお話ししたり、お知り合いと会って話し込んでいる方々やお二人様参戦の方々を目にしたり、レポ漁ったりしながらそう思った。
25周年をみんなで盛り上げていきたいという意味でも来年は「お友達を増やす・交流する」に重点置いてファン活楽しんでいけたらなと。

来年はカノトイとDS円盤が出てツアーもあり、舞台映画ドラマなど個人様のお仕事もいくらかあるものと勝手に信じておりますので、各方面の皆々様、どうぞよろしくお願いします。
わたしもファン活への熱量と美意識を保ったまま、感謝を忘れず突っ走っていきたいと思う所存であります。

2019年もありがとうV6。
2020年も愛し続けます。

脚注[+]