節目を迎えるあさイチに寄せて

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています


本日3月30日の放送をもって、有働さん、井ノ原くん、柳澤さんがあさイチを卒業された。

たいへん失礼ながら、わたしは情報番組の類が苦手で、あさイチを始めから最後まで見たのは今日が最初で最後。

だからというか本当はあさイチとその3人について語る資格はわたしにないんだけれども、今日の感想や思うところをちょっと書いておこうという次第であります。雑感。

NHKらしからぬ?ゆるさとグダグダ感、若干の衝撃を受けた。笑
あそこまでのグダグダは今回たまたまだったかもしれないけど、少なくともあの空気感からはお三方の関係性、信頼感、そしてなによりそれぞれのお人柄が伺えた。

あと、井ノ原くんからいろいろ名言が飛び出して、しかも長野くんの話まで出て見る価値があったなあって感じだった。
いやこれなんの話。

最終日だったからこその自由さだったかもしれないけど、今日のあれこれを見ていて井ノ原くんの人柄が活きていた番組だったんだろうなと勝手ながらそう思った。

何か終わって何か始まる。

井ノ原くん有働さん柳澤さん、8年もの間本当にお疲れ様でした。
これからは今までよりゆっくりした朝を過ごしながらそれぞれのステージでますますご活躍されることをお祈りしています。