トニセンディナーショー2019 グランドプリンスホテル新高輪 飛天レポ① 出発~受付~お食事編


たいしたことない日記です。
ショーのレポだけ読みたい方はこちらから。

2019年12月23日。
ついに待ちに待ったこの日がやってきた。
ファッションを巡るてんやわんやの大騒ぎを経て
一時出ていた雨の予報はどこへやら、
小春日和の青空とともに無事この日を迎えることが出来た。

結局ギリギリで予約したヘアセットを経由しつつ
15時台の電車で出発した。
出来る限りネタバレを踏まずに生きてきたので
なんの曲やってくれるのかな~とワクワクして
トニ曲だけをひたすら聴きながら約2時間、
遅延などもなく無事17時頃に品川駅に到着した。

帰りの切符を買って高輪口に足を向けると
ディナーショー参加っぽい人が何人かいた。
ついてけばいいかと思ったら瞬く間に迷子になった。なぜ。
同じく迷ってるっぽい方がいらしたので
珍しく顔を出した社交性を発揮して
自ら声をかけてご一緒させていただいた。
ほどなくホテルに着いたけど、
飛天を探してまたちょっと迷子になった。

着いてからは特に事故もなく。
ウェルカムドリンク、葡萄の?ノンアルコールと
ミントが乗った青いアルコール入りのと2種類あったけど
一人一杯だと言われたので青い方をいただいた。
そういえばトニカラーだったんだな~。気づくの遅いわ。
葡萄のにしとくべきだったかな。まあいいか。

これ「センスのかけらもない写真(笑)」とか
ほざきながら撮ったんだけど、
ほんとにセンス微塵もない写り方してるな…

それからお花の写真撮ったり、オブジェと撮ったり。
お花の写真、結構たくさん撮ったのに
どこ撮ろうとしたんだよみたいなのとか
ブレてるのばっかりだったから割愛。
どんだけ写真ヘタクソなんだか..

食事会場から漏れ聞こえるトニ曲のカラオケ版BGM、
超テンション上がった。
ここまでご一緒してくださった
赤いドレスが素敵な坂本担のお姉さま、
お話してくださってありがとうございました~😊
共通項があるから一期一会で楽しめるのも
ファン活のいいところだなと噛み締めた。

はてさて、食事会場に入ってみると
あのFNSの~!とかシャンデリアデケー!とか
いろいろ感想が沸き起こったんだけど、
そんなことより思ってたよりも小規模だったから
選ばれし者感?がさらに感じられてなんかよかった。

肝心の席、列は中央よりも少し後ろ、
ステージ向かって右の一番端っこのテーブル、
そんで席も右端だった。

正直これ席微妙じゃないか、、、?と思ってしまった。
客席こんな端の端まで来てくれるのかな?って思ったし、
壁に沿って並んでるモニターに背を向ける席だったから、
これじゃ食事中映像見られないな~って。1

そのうちお二人様がお見えになった。
さっきまであったはずの社交性はどこへやら、
急に人見知りが発生し、簡単な挨拶だけして
ただにやにやする変なぼっちになってしまった。

なんかどうしようもないけどどうしようって感じ。
だけどこの場所にいられることの圧倒的な幸福と
トニ曲BGMが煽るワクワクとハッピー感、
もうすぐ始まるっていう期待感など
いろんな感情ごちゃまぜでまともに物を考えられず、
やることもないので周りを眺めながら
なんとなくぼんやりして30分くらい過ごした。

わたしのテーブルはおひとり様3名(わたしと両隣)と
お二人様3組の9人だった。
赤いドレスお召しだったお姉さま、
絶対どこかでお見かけしたことあるんだよな~。
そんなぼんやりしたことで話しかけられても
とてもキモイだろうし声掛けなかったけど…

そんなこんなでお食事開始。
BGMはクリスマスソングに変わっていた。
別に緊張とかしてなかったのにあんまり記憶ない。
高級なんだろうなって感じのお味だったなって。
調子こいて好きでもないのにお肉の時赤ワイン飲んで
あっやっぱり好きではないわってなった(ごめんなさい)
お酒飲みたい気分だったけど飲みたいお酒がなかった。

食後のお紅茶いただきながら
体捩じって背後のモニター見てた。
ツリーをいじりまわす夕ドロがかわいかった。
特に長野くんがふざけてて、
それを止める井ノ原くんの地味な攻防戦みたいな。
スリッパかなんかツリーに飾ろうとしてたり。
みんな言ってたけどこれ円盤の特典とかにしてほしい…

そのうちわたしたちのテーブルでは
誰からともなくおずおずと双眼鏡を取り出して
みんなで謎に卓上に並べた。
必要かどうか微妙なとこだよねと。
予備の双眼鏡をお持ちの方が
お持ちでない方にお貸しするファインプレーがあったり、
いのちゃんまんを取り出して
出します?一応持ってきたんですけどと
おっしゃられた方がいらしたりして、
なんかちょっと盛り上がってよかった。

そしてモニターの中のクリスマスツリーが完成。
始まる?!とステージを見た参加者一同、
バンドの方のが登場したのを見て
誤って悲鳴を上げてしまったりなんかしてるうちに
照明が落ち、演奏が始まり、
とうとう爆イケの映像が流れ出した。

続く。

参考 DS当日までの流れ覚書