メンバーカラーとファッション問題*ディナーショー解決編


メンバーカラーで推しを主張する文化、
わたしはとても好きである。(3回目)

これまでに気に入る紫がない問題と
ディナーショーファッションとトニカラーについて
そして愛する3人のメンカラ組み合わせ難過ぎ問題
2回に分けて書いてきたわけなんだけど、
今回ディナーショーファッションについては
一応の解決をみたのでその経緯ごと書いておきたい。

まず、メンカラファッション問題*ディナーショー編

  • なんとかして気に入る紫(と緑)のアイテムを見つける
  • どうにかして紺×ベージュ×紫(×緑)の折り合いをつける

というのを目下取り組むべき問題に挙げて、
「紫と緑の何か」というざっくりしたモノへの探求に
日々勤しむことになった。

手始めにネックレスやらイヤリングやら
ベーシック?なアイテムを模索してたんだけど、
紫×緑がいい感じに組み合わさったものは
やっぱりなかなか見つけることが出来なかった。

紫だけ、緑だけで気に入るものはあった。
でもなんかどうしようって感じ。
だってネイビー≒青だとしたら
全身で坂本くん推しってことになっちゃうし(まだ言う)、
坂本くんより推してる夕ドロの片方を諦めるなんて、
つらすぎるし無理だし。(毎度毎度坂本くんすまん)
やっぱり紫と緑の両方が調和したものでなくてはならない。

詰んだ~どうすっぺ~(ぶすな方言)と頭を抱えていた時、
ディナーショーファッション問題で最後に挙げた
「ヘアアレンジをマスターする」というのを思い出した。
無論ぼさぼさ髪でお食事などもってのほかである。
ということはヘアアクセサリーも
それ相応の用意が必要ではないか。

紆余曲折ありつつそこが突破口になり、
まずラベンダー×ミントのタイプ違い2つと
ラベンダー単色・ミント単色のヘアアクセを手に入れた。
ひとつしかつけて行けないのに買いすぎである。
いやだってめっちゃかわいかったんだもん😇
普段使いすればいいよね😇(ゴミの思考)

そしてそれまで見つからないと騒いでいたのに
理想的なアクセサリー類にも出逢ってしまった。
ラベンダー×ミントのお揃いイヤリングとネックレス、
ラベンダー、ミント、オレンジそれぞれ単色のイヤリング。
あとオレンジのリング。

日頃抑えまくっていた物欲がここに来て暴発し
長野くん・井ノ原くん・健くん推しを主張する
これら素敵アイテムを一気に手に入れてしまった。

例によって買いすぎなのはなんかもういい。
むしろアクセ類まともに持ってなかったから逆にいい。
ということにしたい。
一部のイヤリング痛すぎてヤバイのだけど、
それもまた別の問題である。

ところがここで見逃すことの出来ない問題が発生した。
というか今さらのようにやっと気づいたことがある。

ネイビー×ベージュ×ラベンダー×ミントで4色
結婚式関連ゲスト指南はじめいろいろのサイトに
「ファッションは原則3色までに収めろ」と書いてある。

試しに手持ちのアイテムと
新たなる夕ドロ色アイテムを合わせてみると
まさしく恐れていた通り
ごっちゃり感と芋頑張ってます臭ぷんぷんだった。

次があるかもわからないトニ様との夢のひと時、
せっかくだからこの上ない気合を入れたい。
けれども気合入れすぎなのがバレバレなのも嫌だ。
それに「とにかく全部詰め込もう」という気合の入れ方が
まず間違いだしダサすぎる。
オシャレは引き算である。らしい。知らんけど。

そして買ったアクセ類は出来るだけ外したくない。
これらをなくすと肝心要の紫と緑が消える。
靴は手持ちの綺麗っぽいネイビーのに変えられるけど、
羽織とバッグは変えられないからベージュも外せない。
言わずもがなだが羽織・バッグ・靴を紫or緑にするのは
万能色ベージュ様に比べて汎用性が暴落するからナシだ。

となるともはやドレスのネイビーやめたらよくない?
ネイビー≒青=坂本担だし???

芋くさい自分をよく見ると、明らかにドレスが浮いている。
そう思いたいだけかもしれないが、
ドレスだけやたら暗くて重いのが強調されているのである。

もともと無難さと地味さを追求して選んだものだから
暗めなのは当たり前といえば当たり前なのだけど、
これ、一生に一度かもしれない貴重な機会の
参戦ファッションとしてはどうなのよ。

というわけで、爆買いの化身と成り果てたわたしは
今度はラベンダーまたはミントの
パーティードレスまたはキレイ目ワンピを探す旅に出た。

たとえ会場の一番隅であっても、
そもそも宇宙の塵のような存在であっても、
明るく軽やかな色で華を添えたい。
もしド真ん前とか奇跡席だったらどうするんだ。

どちらにしてもベージュの羽織靴バッグで合うだろうし、
ドレスに選ばなかった色のアクセ類をつければ
無事夕ドロ推しを表現出来そうだ。※うまく調和すれば

なんといっても自分も一応華の(?)20代、
それに今より若い時はない。
今ここで調子乗らなかったらいつ乗るというのか。

そんなふうにいろいろ正当化しながら、
最終的にラベンダー色のドレスを買った。
それに伴いアクセサリー類をミントで統一して、
ラベンダー×ベージュ×ミントの3色コーデを完成させた。
もちろん諸々の地金もすべて同色で統一して、
メイクも主に(新調した)パープル系である。いやどんだけ。
結局ディナーショーの服装として正解なのかは不明だけど、
芋のわりになかなかいい感じになったんじゃないかと思う。
そこはかとない頑張りすぎ感は気づかないふりをしよう。

振り返れば意外と短期間ながら長旅のような日々だった。
けれどもとにかくわたしを大いに悩ませた
トニセンディナーショーファッション問題は解決した。
あとは迫り来る運命の時まで
体調その他を万全に整え備えるばかりである。

初めから潔く紫か緑のドレス購入を決めるべきで、
その上でもう片方の色かつ調和するアクセサリーだけを
脇目を振らずに探すべきだったとは思うけれど、
だいぶ久しぶりに思いっきりお買い物をして
それはそれで超楽しかったからよしとしよう。

そうは言ってもアクセ・コスメ爆買いにとどまらず、
あからさますぎて恥ずかしいって自分で言ったくせに
着る機会も全然ないのにわざわざ新調してまで
全身で長野くん推しを主張してしまうことになったし、
何から何まで本末転倒というかなんていうかな感じだけど
でもほんともうなんていうかいいや、、、😇

だって恋?とかしてたらさ、
誰でもみんなこんくらいするよね、乙女だもんね?