初めてのラジオ聴取 V6 Next Generation


一昨日、初めてラジオを1番組全部真面目に聞いた。
今まで食わず嫌いならぬ聴かず嫌いで、
ラジオに向き合うのを避けていたのだった。

何度でも言うけれど、V6は今年25周年である。
そして今わたしのファン活意欲とトニセン愛は
かつてないほどの盛り上がりを見せている。

けれども今出来るのは
「買い逃した雑誌をなんとかして回収すること」
中途半端なジャニオタ収納をなんとかすること」
「V6からのなんかの発表を待つこと」
「カノトイ円盤を待つこと」
「DS円盤を待つこと」
「Jwebの各種更新を待つこと」
「帰れマンデー(健くん出演)の放送を待つこと」
「よじごじの放送を待つこと」
「ファームの放送を待つこと」
「所さんお届け物です(長野くん)の放送を待つこと」
「少プレの放送を待つこと」
FORTUNEの観劇日を待つこと」
「フォエプラの観劇日を待つこと」
えーとあとなんかあったっけ、
とにかくつまり今出来るほぼすべてが
ただひたすらに「待つこと」。
いずれにおいてもはやる気持ちをぶつけるのには
まったく適していないことが明らかで、
ただただなんかしたい気持ちが加速するだけである。

なにか手っ取り早く新鮮にときめきたい、
やっていないけれど出来ることはないかと模索した結果、
思い至ったのがラジオだった。

ものすごい興味がありながら
面倒がって(こら)手を出さずにいたラジオ。
V6 25周年記念と聴かず嫌い克服とにかこつけて、
radikoプレミアム会員登録をした。

急いで先週のネクジェネをタイムフリーで聴いた。
突然の坂本くんのイケボにびっくりした。
イヤホンしてるから脳内でトニがしゃべってるみたいで
な、なんだこの幸せは…!ってなった。

(^▽^・)長野博とっ

いかにもラジオの挨拶。って感じでよいです。好き。

思ったより坂本くんがしゃべってた。
井ノ原くんがよくしゃべるのは当たり前として、
コンMCとかだと長野くんも結構しゃべる方だから
ラジオでも夕ドロのやり取りが主で
坂本くんは相槌とかが多いのかと思ってた。
逆に長野くんあんまりしゃべらなくて意外だった。
「あはっw」とか「おん」とか「ねえ」とか、
「そうだねっ」とかって小声で呟くとか。
いやそういうの好きだけど(笑)

お便り紹介のラジオネーム、
坂長は呼び捨てで井ノ原くんがちゃん付けなの、
個性ってか“らしさ”が出てていいなと思った。
坂長に雑に呼び捨てされたいし、
井ノ原くんにちゃん付けで軽く呼ばれたい。
めっちゃときめく。めっちゃやばい。
なんかお便り送ってみようかな~。

長野くんのしゃべり方、
「ほぉむぺじあどれすは」とか「あぷり」「たぶれっと」とか
カタカナ全部ひらがなでしゃべってんのかなってくらい
ほんとにもにょもにょだな、、、ってちょっと感動した。
「ああなたからの」とか噛んじゃうのめっちゃかわいい。

3人の絆は完璧ゲーム、
「ああ~違うわ」とごちゃごちゃ騒ぎ続ける長野くんと
「静かにしてくださいw」ってツッコむ坂本くんが好きw
夫婦漫才かよ(違います)(ごめんなさい)

長野くんめっちゃポヤポヤでかんわいいこれ…

3問目、坂イノが長野くんを愛でる時間になってた。
最後の「お前はほんとに子供だな(●●)」が
完全に愛しい女に対する本気の口説きボイスだった。
坂長狂のわたしは正気を保つのがたいへんだったよ…

続いて一昨日の本放送を聴いた。
新年の特別編?だった。
OPトーク長野くんでキャッてなった。乙女か。
だけどちょっとオコなトーンですぐに真顔になった。
神様長野くんにいいこと起こしてあげてね…
1曲目Can do! Can go!でテンション上がった。

西寺郷太さんがかわいい話に始まる
DS関係の話とか嬉しかった~。
2回目のグレイテスト・ラヴァーの威力が凄まじかったのは
そういうわけだったのかと納得した。
まんまとしてやられたぜ。
ナチュラルに「セクシーバニーハニー」と間違える
長野くんのかわいさもよかった(笑)

これは聞いてほしいという一曲に
紆余曲折経て『会って話を』という神チョイス!!!
あざす!!!
このお便り送られた方、こんなブログ読んでるわけないけど
ぜひONESコンの会って話を見てね…
出来れば戸惑いの惑星も見てね…

トーク内容も充実で最高なんだけど、選曲。
DANCING MACHINEやったりオレキミやったり、
DS再来ですか?TTT(1と2)ですか????って感じ。

こんな超楽しい時間が毎週訪れてたっていうのに
今までスルーしてた自分が信じられん…
ハマりそう、ラジオ。
これからは欠かさず聴くようにしたい。