おひとり様じゃないOne Dishロケ地巡り in 神楽坂

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています


2017年大晦日のわたし、聞こえるか。

あんたの目標叶ったぞ。

来年の目標、お友達をつくる。
ちょっとやばい人みたい(笑)(笑)(笑)
いや、まじめな話です。
V6ファンのお友達がほしい。
TTT語りたいしコンDVD鑑賞会してみたいし現場でお会いしたり一緒に参戦しちゃったりしてみたい。

夢です。あくまで夢。目標。
必ず達成するとは言ってない。

https://chiisama.com/2017summary

あれ…?
引用してみたら思ってたのと若干違ってた…
いや、いいんだ、ともかくほぼ叶ったんだ、大晦日のわたしよく聞け、わたしこのたび(かなり前)、坂本くんが繋いでくださったご縁の方とOne Dishロケ地巡りをしてきたぞ。

わたしはめっちゃ人見知りです。
でも今回謎の勇気が出てお会いしてきました。
合流直前、あまりにも緊張して足が震えてたのは秘密ね。

早々に人見知り爆発させながらも、テレ東音楽祭のすぐ後だったから初めから話題には事欠かないはずだった。(いつの話してんだ)

ところがあろうことか1回こっきりしか見ておらず、なんかとりあえず長野くんがかわいくて騒いだのと
井ノ原くんのお衣装が至高だった印象で他のあれこれが全部吹っ飛んでしまい、うろ覚え感のすごい受け答えをしてしまった。

さて肝心のロケ地巡り、まず目指したのはロティのお店
OneDish見てからすっごい気になってて、わたしのなかではこの日のメインぐらいの位置づけだった。
しかし開店時間に合わせて向かったものの、なにか都合があったのか閉まっていた。

f:id:since2017forever:20180630183500j:plain

少し待ってみたけれど、すごく暑い上に風の強い日で、このまま待ち続けるのは賢明ではなさそうと判断して先に次の目的地へ。

それほど歩かないうちにいい雰囲気の古民家カフェが見えてきました。
外観写真撮ってくるの忘れた。おい。
気を取り直して、神楽坂茶寮さんです。

本当はロティで軽めのお昼からの抹茶フォンデュでおやつタイム…のつもりだったから、この順番変更はちょっと困った。

ちゃんと食べちゃうとロティ行けなくなりそうだし、でもお昼食べないのも微妙な時間、ロティ臨時休業とかで結局開いてませんでした~も困るし、なんかもう涼しいところに落ち着いちゃったしでゴマだれの冷しゃぶうどんを食べました。
とっても優しいお味でした。
食レポ下手くそか。 長野くんを見習いたい。

気を取り直して、お目当てはこちら、坂本くんが食した抹茶チョコフォンデュ。

f:id:since2017forever:20180630183146j:image

自分少食なせいもあるけどこの時のお腹の具合からして2人で1つでもよかったかもしれないな…
長野くんだって食べ歩きする時仲間と分け合ったりセーブしたりするんだもんね…
でもトッピング全部3つなんだよ、分けるの微妙だよね…

ゆるい雰囲気の店内とは打って変わって、外は強い風で窓がガタガタ言ってた。
帰りの電車止まらないといいな、ロティ、風で飛んじゃわないかなという心配さえもした。
そこそこ長居してしまったのでとりあえず場所を移ろうということで外に出た。

強い日差しに怯みながらも風が強すぎて日傘を放棄したわたしたち、グータラカフェさんの前に差し掛かり「どうする?」。
先客がひとり、少し日陰になるベンチにいらした。

半分こならいける?
大きさどれくらいなんだろう…
日陰に座りたいよね…(わりと切実)

強い風が先客さんのレシート(?)を浚っていった。
ロティが風に舞うんじゃないかという心配もあながち冗談でもなかったかもしれない。

迷っているうちに日陰にいた彼はお帰りになったものの、お腹があまりにも重くてちょっと今は無理、ということで次なる目的地、東京理科大学 数学体験館へ。

ちょうど坂上ってる時に強烈な向かい風が吹きつけてきて、「ロケ地巡りってこんな苦行なの?修行?洗礼?」っていうよくわかんない思いがこみ上げてきた。

f:id:since2017forever:20180630183233j:image

わたしたちは数学からっきしで展示を見ても「??????」状態。
思ってたより、というか、めっちゃ高度。笑
インストラクターさんに説明していただいた方がいいよ。
むっちゃくちゃわかりやすかった。
そしてすごかった。数学すごい
役立ちまくってる。感動。
「数学役立たないじゃん*1自分が学生の時専攻してたものはもっと役立たない。というか教養として以外にまったく役に立つことはない。愛してるけど」とか公言してた中高生時代のわたしに心のなかで土下座させた。

あとわたしたちビリヤードド下手ね、、、(笑)
絶対当たるはずなのに当たらないという奇跡。(力が足りない)
坂本くんはそもそもビリヤード上手いんだということもとてもよくわかりました。

結局お腹が重すぎてロティ再チャレンジを断念し、サッパリしたものが飲みたいと某ファミレスへ。
もはやここまで来るとロケ地巡りでもなくなってるけどV6への愛などを語るお茶会ということで。

同じようにお考えのことがあったりして時々素が出てしまった。
あと何度か「(長野くん)かっこいい~~~~~~」とかうっかりデレてしまった。初めて人前でデレた。
初対面なのにキモくてほんとすいませんでした……
でも長野くんかっこいいんだもんしょうがないよね。(?)

V6への愛だの恋だのなんだのに限らず「同じものを愛する誰かと語り合う」ということが普段まったくないもんで*2好きなものとか愛してるものは出来ればこっそり心に秘めておきたい精神で友人にも趣味などについてほとんど話さないから。ブログは匿名だしひとり語りだからいい。、つい嬉しさ余ってしゃべりすぎてしまったのであります。

でも楽しかったです。
不特定多数が目にするTwitterとかブログだとつっこんだ話とかってなかなか出来ないし。
リアルでお会いするのもいいなと思いました。

SNSで知らない誰かと交流するとかありえないしTwitterなんて一生やらないと信じてたほんの数年前のわたし、この日のわたしを知ったら卒倒するな。
ほんとV6はわたしの世界を広げてくれる偉大な存在よ。

素敵なお姉さまでした。
多分ね、こんな珍道中だったのはわたしのせいだと思うのよね…
いつもと違うこととか慣れないことするとだいたいこういうズッコケ残念な感じになるのよね…
その証拠に「さあ、そろそろ待ち合わせだわ!」ってスマホ出したら画面割れてて仰天したってとこからこの日の旅始まってんだよ実は…号泣

ともあれ、お付き合いくださりありがとうございました!
ロティはいつかリベンジしたいと思います(笑)

おまけ
この後別の日に縁の地早稲田にも行く用事があって、馬場歩きついでにおひとりさまOne Dishちら見してきた。
なぜちら見かというと朝だからであるよ。

f:id:since2017forever:20180817083333j:plain

キジーさんは名前変わる前に2回?行ったことあってデザートもんじゃ(確か違う種類)も食べたけど、その時見よう見まねで自分たちで作ったやつにはOne Dishで見たふっくら感は微塵もなくて、あんなに上手には作れなかった記憶しかない。(笑)

f:id:since2017forever:20180817083350j:plain

APSARA Restaurant & Barさんは道の反対側から。
こちらはまだ新しいこともあり馴染みがなく。
今度行ってみようかな。

坂本くんが馬場歩きって、なんか、感無量だったな。
馬場歩きを楽しむ坂本くん、もう早大生でいいよっていうよくわかんない感想を持った回だった。

脚注[+]