V6 LIVE TOUR 2007 Voyager 僕と僕らのあしたへ DVD感想☆Disc2☆


V6 LIVE TOUR 2007 Voyager 僕と僕らのあしたへ
Disc2の感想です。
Disc1の感想はこちら。

way of lifeからスタートなんだけど、
またこの衣装がね、スーツでリーマン風なのよ。
リーマンじゃなくてSPらしいけど。
かっこいいよ。

坂本くんだけ真っ黒でラメでワイルドすぎてホスト。
剛くんも坂本くんほどギラギラしてないものの
ネクタイなしでボタン開けてるからホストっぽい。

こんなイケメンリーマンいたら社内恋愛不可避だわ。
こないだの夢みたいな。
でもって夜はこういうイケメンホストに貢ぐパターンね。

自分で坂本くんイジっておきながらツボった上に
なぜかウロウロしてしまう岡田くんはほんとに謎。

BRAND NEW DAY~のダンス好き。
ちょこちょこしててかわいい。

♪ありがとう あなたが好きです
わたし「ありがとう わたしも好きです」

ほんのり切なくて沁みる〜。

夕暮れオレンジ、スポットライトに照らされて
マイクスタンドがっちり掴む健くんがなんていうか、
ちょっと意味わかんなくてすまんのですけど、
シンガー。って感じがする。

ホコリがすごいんだけど、
まあなんていうか光の玉?みたいなものだと思うと
神々しく思えてくるね。
すごくシンプルなステージングだけど、やっぱりねー、
表情で語れるんだよなー、健くんは。

ハジマリでピアノ弾く岡田くん。

美しい。

准一、完璧すぎないか?

ピアニスト准一を囲むV5、
曲のパワーもあってなんだか泣いちゃいそうになる。
この雰囲気もはやエンディングだけど、まだ続くんだよな。

Candy、剛くん、好き、甘い。
剛くんが一緒に歌ってくださいって言ってくれるから
遠慮せず一緒に歌っちゃうよ。
パチパチしてくれるのかわいい。ときめき。

剛くんの歌声はキャラメルボイスって言われてるけど、
この曲の剛くんの歌声がとんでもなくきゅんとくるので
どうせならキャンディボイスと呼びたいと思っている。
というか勝手に呼んでいる。

(仝_仝:)僕はみんなのために歌います。

これ、やばい。ときめきすぎて。好きです。

ファンシーでほんのり色っぽい不思議な曲。
わたし(たち)のために歌ってくれている剛くん
こんな幸せな時間ってあるんだろうか、、、

井ノ原くんはソロ I・N・O=NUT KIDで
ガシガシギター弾いちゃう。かっこいい。
かき鳴らすって表現がぴったり。
飾らない井ノ原くんらしい等身大な曲で大好き。

ああサンダーバードやっぱりくっついちゃうのね、、、
あ、長野くんと岡田くんの話です。仲良し。

井ノ原くんと健くんがDarlingの「先は読めない」で
お互いにバン!✋✋やってて
ほんとかわいいなんなのこのふたり、、、
とか思ってると最終的に台宙し出して焦る!!!
かっこいいけどあんな高いとこからで足大丈夫か!?!

本編最後のご挨拶は健くん。
照れくさそうに、でも真剣に思いを話してくれる。
泣けるぜ。

僕と僕らのあした。
泣けるぜ

アンコールのお衣装はショッキングピンク!
歌い分け変えましたバージョンのグッディ。ほぼソロ。

岡田くんを映そうとする坂本くんの持つカメラにたかる
長野くんと井ノ原くんと健くん、
それを離れたところからニヤニヤして眺めてる剛くん、
末っ子がかわいくて仕方ない+映りたくて仕方ない感が
まるでホームビデオ撮影状態。

肩組んで階段降りながらきゃいきゃいする健准、
とっっってもかわいいから永遠に見ていたい。
んで井ノ原くんと岡田くんに押し出される長野くんが
ちょっとビビり顔で女の子みたいになっちゃってて
すっごいかわいいから気をつけてーって見守っちゃう。

坂本くんのシェケラは必聴。いろんな意味で。笑

またがっちり肩組んでゆらゆら歩いたりくるくる回ったり
最後はしっかりハグしてひとつのマイクで一緒に歌い出す
健准のいちゃいちゃほんとかわいくてなんなの、
ほんとにまじでなんなの???
こんなかわいい末っ子たちなら
とことん甘やかしちゃうよね…

実はこっそり某氏の腰で
しっかり手を重ね合わせている夕ドロも見逃せない。
さりげなタッチング。ちょっと違う。
ほんと仲良しなんだなあとしみじみ感じるひとコマ。

Voyagerコンは残念ながら
健くんの投げちゅーバイバイがない。
なぜ人々がアンコールアンコールしている映像で
そのまま終わってしまうのか、
こちらとしては健くんの投げちゅーバイバイがなければ
コンサートを終われない気持ちなんだけど、
多分「投げちゅーバイバイはい終わり」にはあえてせず、
旅はまだ続くよ~的な見せ方、終わり方なのでしょう。

特典の感想に続く

V6 LIVE TOUR 2007 Voyager 僕と僕らのあしたへ 初回限定盤特典の感想です。 コンサート本編の感想はこちらから。 Disc3 マルチアングル Over Drive、ROCK THE HOUSE、 […]

IMG