V6 LIVE TOUR 2008 VIBESコンDVD感想☆Disc2☆


V6 LIVE TOUR 2008 VIBES感想、
色気の洪水が止まらない前半戦、Disc1の感想はこちら

いきなり衣装変わってて若干焦る。笑
やっぱり長野くんのお衣装が好き。
ジャケットに首元ゆるゆるのシャツと、
ゆるっゆるのネクタイ、じゃなくてあれはストール?
とりあえず全体的にだいぶツボ。
坂本くん岡田くんの開けすぎセクシーな襟元もよいです。
全体的になかなかない色合いだけどみんな似合ってる。
剛くんのセンス万歳。

Swing!かわいいんだよなあ。
巨大風船みたいなボール、
アリーナの人たち大変だろうけど(笑)
ポップで楽しい演出。

井ノ原くんにぶつかっちゃってるの
何度見ても笑ってしまう。
長野くんと岡田くんがボール捕まえて投げたりしてて、
ただボヨンボヨンする動きのおもしろさだけじゃなく
メンバーともコミュニケーション出来ちゃうのが
楽しいし新しくていい。

プールサイドマーメイドのラスト、
ソロダンスっぽくなる健くんがやんちゃな感じでかわいい。

剛健→カミセン→トニセン→6人のダンスパート。
剛くん登場する時の、あれなに障子?(違うと思う)
燃え上がるのかっこいいけど怖くね???
ここサウンドエフェクトと映像、
ダンスのコラボがイケてます。
かっこいい。VIBESを感じる。

Crazy worldのお衣装好きなんだよなー。かっこいい。
足元からの風とスモークを受けて立つように浴びる演出、
ヤバイやつ出て来たぞ感がすごい。
井ノ原くんソロ「何が正しいのかさえも」の時の剛くん、
うまくいえないけど鋭くてかっこいい。キマってる。

だけどやっぱりここで最高にかっこいいのは岡田くん。
大サビ「見せてあげよう」で両腕を力強く広げる岡田くん、
歌詞も相俟ってとてつもないラスボス感がw
フハハハ!!!みたいな。
狂気を纏ってぎらついてる感じ。ひれ伏すしかない。

ひれ伏している間にラスボスたちは消えて、
映る画面ではなんかヤバイのが生まれそうになってて
「V6!V6!」と叫ぶ人々の声すらなんか、
闇の儀式?っぽい。

バーン!!!でポップアップ!
生まれました、ヤバイやつ。うそです。

だからどうということもないんだけど、
アクロバットで位置が入れ代わった坂イノが
ポジションチェンジ中にマイク交換してるのが見えて、
ほんとにだからどうということはないんだけど
当たり前の行動すぎて何の意識もしてないであろう
こういう行動がなんていうかわたしは燃える。
萌えるのではなく。燃える。

TAKE ME HIGHERからBe Yourself!まで
フリーで縦横無尽に駆けずり回るファンサタイム。
Be Yourselfの最後ジャケット脱いだから
えっもしやバク転?って思ったけど違った。笑1

サンダーバード以降とうとうおさわりタイムスタート。
まだイケメン曲なのに2人で並んだ途端に手が出ちゃう
長野くんと岡田くん。仲良しかって。

シリアス調のway of lifeだけど、
健くんの腰周りのシャツがたるんでるのが
超かわいくて癒される。
カワイイ系の中学生男子っぽい。

ここにきて今さらながらどアップになった岡田くんの
計算して作られたかのような整った凛々しい顔立ちと
長めの襟足に見惚れちゃう。
かっこいいなあ。ため息出ちゃう美しさ。

それと背中に赤い蝶、紫がアクセント的に入ってるベスト
これもかっこよくて好きだね~。

惜しげもなくこれでもかと美声を披露する坂本くん、
あの瞬間はもはやV6のコンサートではなく
坂本昌行リサイタルであります。

むっちゃくちゃかっこいいんだけど、
さっきからおでこにちょろんと
前髪張りついてしまってるのが
どーしても気になる。

すまん、リーダー
こういうのは不可抗力だよな。
髪といえば外ハネみたいになってきた
ふわふわ髪の長野くんがかわry

(゚ー゚)もうちょっと遊ぼうぜぇ~ぃ!

オラつく准一。夜の街を徘徊するお不良のようだ。
ホイホイついて行ってしまいそう。

しかしバックに流れているのはDarling。かわいい。
このシリアス曲からポップな曲の転換点に
ぎらぎらしたワルいお誘いのような叫び、
世界観がごっちゃのようですがそれがなんかよいです。
とてもよいです。なんていうか(笑)

お尻振り振りケツアタックし合うカミセン超かわい〜♡
と思ってたら、と、トニセン?!w

坂本くんのベルトを後ろから思いっきり吊り上げるという
謎の行動をとるニヤニヤした夕ドロ。
なにやってんだよw

いったん画面がカミセンに戻り、
なに食わぬ顔でお尻振ってたかと思えば
にっこりしちゃってる剛くんがめんこい。

それからカメラはまたトニセンに戻、
だから何やってんだよwww
トニカミどっちが子どもだかわからん、、、(笑)

坂本くんが助けを求めるように?
長野くんを振り返るんだけど、
その振り返り方がなんていうかやらしい。
すまん、リーダー。
んで気づいて坂本くんを見る長野くんの目も
なんかちょっとおかしい。
なんなのこのふたり、、、(困惑)

解放して離れても坂本くんの方を見ちゃう長野くん
ニヤつき収まってない。なんなの。かわいい。

愛メロの大サビ「口ずさめば」で岡田くんが映るとこ、
画面左上に岡田くんの公式うちわが7枚くらい並んでて
謎に迫力があってすごく気になる。

最後の曲紹介を務めたのは長野くん。

(^▽^・)この曲を聴いてっ…お別れをしたいと思います

ちょっと詰まっちゃったかわいい。
一緒に聴くみたいな言い方になっちゃったかわいい。
そして「サンキューミュージックっ…」って
囁くような言い方と語尾がなんかセクシーだった…

6人ともずっと笑顔いっぱいでお手振りしてて幸せ。
「君も僕も」で客席ぐるっと示してから
自分のことトントンってして
にっこり笑顔になる長野くんが優しくて
すっっっごく好き…

メンバーからのご挨拶の入れ方がすごくよかった。
それぞれからの挨拶の言葉だけじゃなく
サンキューミュージックの歌詞とメロディにも乗って
お気持ちがしっかり届いてくる演出になってるなあと。

みんなのそれぞれのコメント後の、

(^▽^・)オカダー!
(゚ー゚)剛くん
(仝_仝:)井ノ原くん!
(´ε`)坂本くん
(●●)健!

っていう呼び方個性が出ててとっても好き。
坂本くんの健くんの呼び方うまく表現出来ないんだけど、
あの犬呼ぶみたいな感じ(失礼)がとても好きです。

長野くんのご挨拶の最後、
「また会いましょぅどうもありがとぉ〜う!オカダー!」が
声裏返るギリギリのところのような高音で愛おしい。
それから岡田くんは長野くんに自分の名を呼ばれ、
自らも長野くんとただ言いたいがために
この順番にしたのではないかと変に疑ってしまう。病気。

(´ε`)また絶対に会おうぜえ〜!!!
わたし「うえーい!明日もみるよ〜っ!」

(・△・)みんなの笑顔が最高にかわいかったでぇす!!!
わたし「ギャーーー」

さ、さすが健ちゃんだわ、、、
「どーぞっ♡」って、きゃわ、、、

このところほんと好き。
でもあー終わっちゃった、と油断する間もなくて、
あれ終わりじゃないの?お?お?

LIGHT IN YOUR HEART!

なにこれ!衣装くそかっけえ!!!
王子様じゃん!!!
フリフリの!!!リボン!!!

初回盤特典のインタビューによると、
このお衣装剛くん的にはイメージとちょっと違うらしく
なんだかあんまり納得いってないみたいだけど、
わたしはこのお衣装が森コレで一番好き。

「The light in your heart」で天に右腕を伸ばす剛くんが
もんのすっっっごくかっこいいから全人類に見てほしい。

アンコール1曲目はHONEY BEAT!
なんかわかんないけど坂本くん目力強い(笑)
投げちゅーする長野くんを見た健くんはなぜか爆笑。
なんでよ。笑
「ねえ傷を」でマイクスタンドにさーっと
手を沿わす岡田くんがほんのりセクシー。

Darlingのお返しなのかズボン引っ張り上げて
井ノ原くんを笑わす坂本くん、
なに食わぬ顔で甘えてみせつつ
ついつい口元緩んじゃう岡田くんと
同じくちょっと口元緩んじゃう健くん、
にっこにこの剛くんにトントン!とかやられて
嬉しさがダダ漏れてる長野くん、
もうみんなめちゃめちゃかわいい!!!

間奏の最後にふざけちゃう夕ドロのすぐ横を
笑うでもなく素通りする坂本くんがじわっと笑える。

心からの歌なんていうかアンコールだなって感じ。
剛くん中着てるからTシャツはアレとしても
ほんと汗かかないんだね…
長野くんなんか腕ピッカピカだよ…

Believeの前振りで「学校へ行こう」への思いを語るとこ
ちょっぴり泣けちゃうの。
井ノ原くんが「一緒に歌ってくれたら」って言うから
ここ観る時みんなも歌おうぜ~。

もう1回!の声に合わせて小さく踊る井ノ原くん、
元気だね。笑
「もーいっちょいくぞおーっ!」って叫ぶ長野くんの
ニッコニコの表情が好き。
言葉は雑めだけどお顔はめっちゃロイヤルキュート。

井ノ原くんと岡田くんがカメラを持ち出して
何度もふたりのお顔のアップ見られてハッピー。
井ノ原カメラに向かって
「いぇいぇいぇいっ!✌✌」って
はしゃぐ剛くんめちゃかわ。

岡田くんは坂本くんの顔面どアップにしてくれて、
猫の鼻ちゅーみたいな気持ちになれる。

本気がいっぱいの最後に剛くんとカメラ交代した途端
井ノ原くんのふざけ虫が大暴走。
顔だいぶやばい。爆笑

そして森田カメラに近づいて去っていく長野くんとは
すれ違いざまほっぺちゅーの気持ちにry
森田カメラにはルンルンの✌(●●)✌の姿もあり。
なんていうか、レア感。

次に岡田カメラに映るのは
大きくお手振りする健くんのアップ。
カメラを受け取ろうと手を伸ばす健くん
顎クイ寸前の気持ちにry

自分から受け取っておきながら
早速カメラ持て余しちゃってる健くんの姿がチラリ。
気づくとカメラはまた岡田くんの元にw
このふたりの密着自撮りちょーかわいいんだよ、、、

この後岡田くんが長野くんを撮ってくれるんだけど
ぐーーっと近づいておでこコツン!( >ω<・)
あははー(^▽^・)って笑って、超かわいい。。。
長野くんとちゅー気分ry

健くんの投げちゅーと剛健「バイバイ!」でお別れです。
最後のメンバーカメラがとても素晴らしくて
なんか全部持ってかれた感ある。

Disc1はクールとかセクシー感強めだったけど
Disc2からはかわいい感じも入ってきて、
やっぱりキャッキャした感じで終わり。
この流れが見事ですごくよかったです。

本編ラストあたりなんか演出めちゃめちゃかわいいよ。
あのイケメンワイルドオラオラの岡田くんの頭に
あんなかわいいポップファンシーな世界観もあるのかと
全然信じられないけどすべて岡田くんプロデュース。
冷静に考えると若干カオス。笑
岡田くんのクリエイティビティとんでもないな。

続きはこちら

V6 LIVE TOUR 2008 VIBES 初回限定盤の特典の感想です。 コンサート本編の感想はこちらから。 Disc3 マルチアングル マルチアングルさ、 好きな人だけをずっと見てられるっていいよね。 こんなこと[…]

IMG