滝沢歌舞伎行ってきました② 第一幕感想


オープニングからいきなり泣きそうになってた。(病気)
まだバレリーナさんの舞なんですけど……

始まったー!ワクワク!っていうより、
なんなのかなあれは、
この場に存在出来てるって素晴らしい…みたいな気持ち。

通路からJr.くんたちが現れて、
おお〜通路側お得だな~とのんきに見下ろしてた。
それからタッキーが出現して、
うわあ最前列やばいなって思った(ボキャ貧)

早速タッキーが飛んだ。こわかった。
いやかっこいいんだよ、かっこいいんだけどさ、
飛ぶのを初めて生で見たから、
えっワイヤーあんな細いのwwwこわいwwwヤバイwww
ってずっとヒヤヒヤして見てた。1
ていうかタッキーとJr.くんたち、あと長谷川くん
はじめましてどうも…

ここまでの率直な感想。
目が足りねえ……
いつもバックなしのV6しか見てないから、
普通こんなに豪華なのかと感嘆する一方で
誰を見るとも目的がないもんだから
誰を見たらいいのかわからずキョロキョロ、
目移りしまくってしまったね。

そして我らが健くんのご登場!
それはもー逢いたくて恋しくて眠れぬ夜を通り過ぎて
この日この時に向かって気持ち高まりまくってたから、
健くんをこの目に映した瞬間「ふゎぁぁあ~♡♡♡」って
変なとてもきもい声が出そうになった……(2回くらい)

これが噂のMaybe…!

感動に震えて手が止まった。
しかし思ってた以上に自分の視力が落ちていて、
健くんのあの綺麗なお顔がちょっと判別しにくかった。
ふわぁ〜♡とか言ってる場合じゃない、と
慌ててオペラグラスを覗き込んだ。

無、無理、かっこいい…!
息を呑む美しさとかっこよさ……
お衣装がドツボ。しんどい。

目に飛び込んできた大写しの健くん、
美しく素晴らしかったです。
ああ…健くん会えて嬉しいです…
ちょうど半年ぶりの再会だ…ずっと会いたかったんだよ…
感極まって(早い)また変な声を出しそうになった。

降り立つ健くん、そしてSPARK!!!!

無!理!か!っ!こ!い!い!!!

ONESコン参戦時よく見えなくて悔しかったSPARK、
参戦時より近い距離でまた拝観出来るとは…(合掌)

健くんだけの声、健くんだけのダンス2、至福。
スタートから全身全霊のパフォーマンス、
かっこいい表情も振り乱れる髪も
全部しっかり見せていただきました。
ありがとうございます。
舞台っていいよね距離近くて…
SPARK大好きのわたし、早くも天にも昇る気持ち。

ガッシガシ踊りまくった直後にも関わらず、
ちょっと呼吸が乱れた程度の健くんがすごすぎて唖然。
あんな踊ったのに息切れほとんどしてないってなにごと?
満38歳のお兄さまがだよ?人類の奇跡?

『戦』の途中でわたしのいる上手2階席の端に
健くんが一瞬登場するとこがあって、
うわ!いる!(言い方)ってなった。
健くんそこから撃ったのかっこよすぎて
なんかもう振り向いてこっちも撃ってってなった…
呻き声とか荒々しいのとか戦い系ちょっと苦手なんだけど、
戦う白いお衣装の健くんが超絶かっこよくて
苦手とかそんなちっぽけなことはどうでもよくなった。
健くんはただの武闘派王子様だった。

MASKの健くん、
蹂躙されたい…(語弊)とか思っちゃった。
むりかっこぃん゛ん゛ん゛ん゛ッ!!!
みたいな(きもすぎごめん)
息止まる~!!って感じだった、ずっと。
ダークサイドの健くんめっちゃくっそかっこいい……
健くんのラスボス感よ。
お衣装の色味もあってか、
ほんのりGet Naked風味を勝手に感じた。

愛なんだ2017の学生のパフォーマンスにもあった変面。
あれテレビでみててもすげーどうなってんだ???
って感じだったけど、
実際に見てもすげーどうなってんだ???だった…

続いて浮世艶姿桜。
セグウェイのやつってこれか!
完全にエレクトリカルパレードだった。ピカピカ。絢爛。
これも健くんお衣装がツボでなあ…
わたしのためにやってくれてんの?って感じ。
(そんなことはない)(当たり前)
いちいちかっこいい無理って胸が騒ぐ。最高。

健くんとタッキーのお化粧が始まった。
滝沢歌舞伎過去映像を流しつつのMC。
デビュー組はともかくJr.の子たちほんとに存じ上げなくて
全然わかってあげられなくてごめんね。
懐かし映像にみんなわあ〜ってなってたから
長年滝沢歌舞伎参戦してる方々は感慨深いだろうな~と。

タッキーにずっとしゃべらそうと
腕をパフパフしまくる健くん
いたずらっ子でちょーかわいかった…
昨日で今年の公演30回目だったそうです。すげえ。
ここのレポはいろんな方がされてると思うので要約。

  • 滝沢ひとりで喋れるじゃん(・△・)
  • 何回目かは数えない、毎回1回(・△・)
  • 昨日のビデオ撮りでやらかす(・△・)
  • 完璧フォロー(高速で考えを巡らす)のタッキー

とりあえずしゃべりまくってた。

今回はショーメインということもあってか
歌舞伎と言われてイメージしていた白塗りでのパートは
思ってたよりずっとずっとコンパクトだった。
テーマは虹、筋書きはないとの言葉通り
いかようにも解釈しうる、
あるいは解釈という思考を介さずに
純粋に楽しめる構成だったんじゃないかなという印象。

ここにきてやっと
「滝沢歌舞伎とはエンターテインメントショーである」
ということがしっかり腑に落ちた。
実は“歌舞伎”という言葉のもつイメージに引っ張られて、
すばらしいし楽しいけど゙゙“歌舞伎”とは?って
ちょっとなりかけてたんだよね~

歌舞伎と言われてイメージするあれ、ではなくて、
「歌舞伎」という言葉のそもそもの意味、由来である
「かぶく」「かぶき」を現代にジャニーズとして体現するのが
この滝沢歌舞伎というものなんだなと。
いやまあそうですよ、的なね。今さら感。

というわけで一幕が終わり、
健くんみんパラとか雑誌とか見えてる部分だけでも
一時期お仕事集中してて相当忙しそうな感じだったのに、
さらにこんなにすごい演出てんこもり舞台のための
お稽古まできっちりやってたんだ、
そりゃにこ健更新忘れるわ、って
腑抜けた感じでしばらくの間座ってた。

そして不意に頭に健くんのポスターが過ぎった。

買わなくていいのか?
あんなかっこいい健くんを?

わたしは気づいてしまった。

あんなかっこいいポスターにもなってる写真なら、
パンフに入ってんじゃない??????

買わないつもりだったパンフレット、ここに来て急上昇。
観てるうちにもっとこの『滝沢歌舞伎』というものの
コンセプト、世界観を知りたい、理解したいという
気持ちが芽生えてたのもあって、
パンフくらいお買い上げしても良いのでは?と
思えてきていた。

そしてそこはやはり衝動買い魔、わたしは席を立った。

ところがステフォパネル前の人波を越えて
物販エリアに辿り着くと、
またまた3階にまでグッズ列が連なっている
過酷な現実にぶち当たった。
それを見てまた「あ、無理」と
突如冷静になって席に戻った。
席を立った時には休憩入って10分は経過していたんだから
もうあんなに並んでるなんて当たり前である。
買うならとっとと並ばなければ。

パンフ買うか買わないかもうちょっと考えるかあ…
衝動買いもほどほどにしないとねっ!カバン重いし!
なんて思っていたらお隣のお姉さまに声をかけていただき
少しお話しした。
そのままお姉さまのお母さまともお話しして
「あっ長野くんが一番なんですけど」って言ったら
「長野くん?!渋いねえ〜」と言われたけど、めげません。
じゃんがらラーメンの店員さんに健くん担と思われて、
照れと恥ずかしさと健くんも好きだからということで
「長野くんのファンです」ってしっかり言えなかった時
リベンジを果たした気分で無駄に清々しかった。

力説する時間とかなかったからここで言うけど、
長野くんはかわいいんです!!!素敵なんです!!!
全人類のロイヤル王子様なの!!!
今度は長野くんの魅力を語るとこまでいけたらいいな。笑
なにしに来たんだ感がまたしてきたところで第二幕に続く。

続きはこちら

第一幕感想はこちらから。 微妙な満足感に包まれたところで二幕開演。 この時だけじゃないんだけど、 舞台から客席に向けたライトがめっちゃ当たってて オープニング眩しかったなあ…(笑) 蒼き日々は曲名を少プレで聞いた気[…]

IMG